サラリーマン脱却への道

サラリーマンからの脱却

サラリーマンとは、サラリー(=給料)を貰う人という意味。

「会社のために働き、対価として給料をもらう人」

 

50代をむかえ、サラリーマンとしてのゴール、定年が見えてきた。

あと4年もすれば子供たちも独立し、親としての務めも一段落できそうである。

 

今現在、定年まで「会社のために働き、対価として給料をもらう人」を続けるよりも、「充実した人生のためにやりたいことをし、対価として得られたもので生きる人」になりたいと考えることが多くなった。

そのためには、元気なうちに行動すべきだと考える。

 

では、

「充実した人生のためにやりたいことをし、対価として得られたもので生きる人」

になるには第二の人生をどうするか?どのように残りの人生を生きるか?

 

自給自足

サラリーを貰い生活していたものが、会社を辞めどう生活していくか?

・少ない退職金を減らしながら細々と生きる。

・バイトをする。(サラリーを貰うという点ではサラリーマンと変わらない)

・宝くじを当てる。(夢で終わりそう)

等々、、、、、

 

いろいろ考えは浮かぶが、、、、

 

単純な私としては、自給自足できればなんとかなるのでは!

なんか楽しいそう!

 

ということで、、、

 

4年後をめどに、「充実した人生のためにやりたいことをし、対価として得られたもので生きる人」になるために、迷走する記録をここに記す。