祝い箸って?

祝い箸の由来と使い方

おせち料理やお雑煮をいただくときは、「祝い箸」を使う。

祝い箸は末広がりの八寸(約24センチ)で縁起がよく、「両口箸」「柳箸」「俵箸」とも呼ばれていて、祝い事には欠かせない箸である。

 

祝い箸の由来

「祝い箸」は、両方の先端が細くなっていて、「両口箸」とも呼ばれる。

それは、一方は神様用、もう一方を人が使うためで、"神人共食"を意味する。

おせち料理は年神様へお供えし、それを下げていただくもの。

新年を祝い、1年の恩恵を授かる意味から年神様と食事を共にするわけである。

両方とも使えるからといって、ひっくり返して取り箸にしたりするのはタブーである。

その大事な箸がお祝いの席で折れたりするのを忌み嫌うため、丈夫で折れにくい柳の木が使われている。また、柳は水で清められた神聖な木とされ、春一番に芽吹くおめでたい木とされている。そのため「柳箸」ともいわれ、縁起良く「家内喜」と書くこともある。 

また、「俵箸」と呼ばれるのは、五穀豊穣を願って米俵を模し、中ほどが太めにできているから。また、「はらみ箸」と呼んで子孫繁栄を表したり、「太箸(たいばし)」と呼ばれることもある。

 

祝い箸の使い方

お正月の祝い箸は、大晦日に家長が家族の名前をそれぞれの箸袋に記入し、箸を入れて神棚に供えておくのが習わしです。その箸を元旦に使ったら、自分で清めて(洗って)、松の内(1月7日まで)は同じ箸を使う。

美しい箸袋に入った祝い箸もいろいろ市販されていますし、和紙や千代紙などを使って箸袋を自分で手作りしても楽しそうです。

 

f:id:Nsfactory:20190106161619p:plain